めまい(良性発作性頭位めまい症・メニエール病・前庭神経炎)

【 めまい(良性発作性頭位めまい症・メニエール病・前庭神経炎) 】

めまいは様々な原因で起こるため、どの診療科を受診すべきか悩む症状の一つです。耳鼻咽喉科以外にも内科、脳外科、産婦人科など様々な診療科を受診する方いらっしゃいます。症状も様々で、ぐるぐる回るような回転性のめまい、ふわふわ浮くような浮動性のめまい、地震のように横にふらふらするようなめまいなどがあります。めまいの持続時間も頭を動かした時だけ一瞬起こるものから一日中続くものまでいろいろあります。めまいは末梢性めまいと中枢性めまいに大別されます。中枢性めまいは脳出血、脳梗塞、脳腫瘍が原因となって起こるめまいの事ですが、聴神経腫瘍を除いては内科や脳外科で治療を行います。耳鼻科では末梢性めまいの診断と治療を行っております。
 

原因

中枢性のめまいは脳出血、脳梗塞、脳腫瘍が原因となります。末梢性めまいは多くの場合、体の平衡感覚を司っている内耳の不調により左右の三半規管のバランスが崩れて起こります。寝不足やストレスなどにより自律神経乱れが原因となる場合が多いようです。
 

めまいの種類

良性発作性頭位めまい症

最も多い病気は良性発作性頭位めまい症です。寝たり起きたり、寝返りを打つなど頭を急に動かしたときにぐるぐる回るような回転性のめまいが数十秒の短時間だけ起こります。吐き気を伴うこともありますが嘔吐を伴うことはほとんどありません。めまいの起こり方を聞き、聴力に異常が無いことを確認した上で、頭位変換眼振検査という頭を様々な方向に動かし、わざとめまいを起こさせてその際の眼の揺れ(眼振)が確認できればほぼ診断が可能です。原因は耳の内耳にある三半規管の耳石の一部が何らかの理由で剥がれてしまい、頭を動かした際に三半器官の中を耳石の破片が動きまわることによって三半器官が刺激されて起こるとされています。治療は他のめまいの場合はできるだけ頭を動かさず安静にするのが一番の治療なのですが、良性発作性めまいの場合は積極的に頭を動かして剥がれた耳石の破片を排泄することが効果的です。薬は良性発作性めまい自体にはあまり効果的ではありませんが、めまいによる吐き気などの不快感に効果があります。
 

メニエール病

めまいといえばメニエール病という位有名な病気ですが、確実にメニエール病と診断できる症例はそれほど多くありません。メニエール病の場合ははめまい以外にも難聴や耳鳴り、耳閉感などの耳の症状を伴うことが多く、めまいや耳症状が何度も繰り返し起こりますので、ある程度の期間経過をみてみないと確実に診断することは困難です。原因は精神的、肉体的なストレスにより自律神経のバランスが崩れ、内耳にむくみ(内リンパ水腫といいます)が起こるためであるとされておりますが、詳しい原因は完全に解明されておりません。難治性の病気ですが、生命に係わる病気ではありませんので、うまく付き合っていくしかありません。治療には内リンパ水腫の改善のためイソソルビドという利尿薬がよく使われます。他にもビタミン剤、血液循環改善薬が使われます。不安が強いや不眠がある場合には抗不安薬、睡眠導入薬も使用いたします。しかし、自律神経の乱れが引き金になることが多いので、疲れや睡眠不足は大敵です。なるべくストレスを貯めず、あまり物事をくよくよ考えないようにすることが一番の治療です。

 

前庭神経炎

ある日突然、まわりがぐるぐるまわるような激しい回転性めまいが起こる病気です。強い吐き気、嘔吐を伴い、めまいは数日位続き入院になる場合も少なくありません。ふらつきや体がふわふわ浮くようめまいが長い場合には数ヶ月程度続くこともあります。原因はカゼのウイルスが平衡感覚を司る前庭神経を麻痺させるためと言われておりますが、詳しい原因については解明されておりません。脳梗塞や脳出血による中枢性めまいとの鑑別が必要になり、手足のしびれ、麻痺、激しい頭痛がある場合には、できるだけ早目に脳外科のある大きな病院を受診して、CTやMRIを撮影していただく必要があります。前庭神経炎の治療は安静が第一。できるだけ頭を動かさず、めまいが落ち着くまでは横になって安静にしているのが一番です。無理に起きたり歩いたりすると強いめまいや吐き気が起こります。ほとんどの場合は数日で激しいめまいは治まります。お薬は抗めまい薬や吐き気止めを点滴や内服で投与します。ビタミン剤や血液循環改善薬を併用します。